よく行く病院や薬局を
登録して必要時に備える

普段行くことの多い病院や薬局を登録しておけば、病院に行きたいと思った時に、素早く予約や連絡をしたり、診療時間の確認ができます。
病院や薬局の名前を入れて検索し、お気に入りマーク♡をオンにするだけで、簡単にお気に入り登録ができます。

< 使い方目次

1 / 11

子どもは全員登録して
それぞれの記録を残す準備

画面右上の三本線のサブメニューをタップすると、「子ども」の表示の右に+マークがありますので、それをタップして追加してください。子どもが登録されていると、子どもごとの日替わりアドバイスが配信され、子どもごとに病気メモや母子手帳を分けて利用することができます。

< 使い方目次

2 / 11

母子手帳は早めに保存
記入してあるページから

大切な記録が入った母子手帳は、紛失したら大変です。お持ちの母子手帳で、すでに書き込んであるページから保存しておきましょう。カメラで撮影するだけで、簡単にまるごとスマホに入るので、いつでも確認できて安心です。さらに、各ページには、妊娠中のエコー写真など、どんな写真でも一緒に保存できます。(詳しい操作等は動画がありますのでそちらを参照してください)

< 使い方目次

3 / 11

病気の症状はチャットで
かんたん記録

「ホーム」画面で、ドクターベビカムをタップして呼び出しましょう。チャット形式で質問に答えるだけで、症状を整理して、「病気履歴」の中に記録してくれます。発疹や便は、写真で残すこともできます。また、スマホの位置情報をONにしていれば、近くの病院を探したり、予約対応の病院なら、予約することも可能です。

< 使い方目次

4 / 11

医師に記録を見せて
的確に伝える

チャットで記録した病気メモは、「病院履歴」に入ります。病院で医師に症状を伝える時に、記録した病気メモがあると、スムーズに説明できて便利です。特に、当てはまる症状、皮膚や便の写真、気づいたメモなどは役立ちます。
また、過去の記録を蓄積しておくことで、長期間の病気の傾向もわかり、さらに医師の参考になる情報となります。

< 使い方目次

5 / 11

診断病名や薬の情報も
一緒に記録しておく

病院で先生に診てもらったら、「病気履歴」で、先生の名前、診察内容、アドバイス、病名など記録しておきましょう。医学事典が連携しているので、病名から、その病気について詳しく知ることもできます。その他、薬の処方箋や領収書も、写真で残しておけますので、後で見返す時にとても便利です。

< 使い方目次

6 / 11

病院や薬局を予約して
待ち時間を少なく

「病院・薬局」メニューを選ぶと、登録してあるお気に入りの病院や薬局が表示されますので、スピーディに連絡や予約ができます。新しく病院を探すときは、診療科やこだわり条件を入れた上で、自宅の近くから、現在地の近くから、もしくは、場所を指定して探すことが可能です。予約できる病院や薬局なら、時間が有効に使えて便利です。

< 使い方目次

7 / 11

信頼性の高い医学事典や
大百科で詳しく調べる

「医学事典」には、医学関係の情報がまとめられた、「子ども医学館」「ウィメンズメディカ」と、妊娠・育児に関するアドバイスや先輩ママ達の役立つ情報も満載の「妊活大百科」「妊娠大百科」「育児大百科」があります。 わからないことが出てきたら、ドンドン活用してください。

< 使い方目次

8 / 11

気になる最新情報も
見逃さない

「ミッドワイフベビカム」は、話題のニュースや季節ごとの健康情報などをお届けします。新しいニュースが届いたら、スマホにプッシュ通知もされますので、タイミングを逃さず、また、興味のあるニュースは詳細情報も読むことができます。

< 使い方目次

9 / 11

子どもの成長に合った
日替わりアドバイスが届く

あなたの妊娠中から、子どもが4歳になるまで、毎日成長に合わせたアドバイスをお送りします。きょうだいがいる場合も、それぞれの子どもの成長に合った内容のアドバイスを受け取れます。子どもを登録すれば、自動で配信されますので、毎日のアドバイスをお楽しみに。

< 使い方目次

10 / 11

<長押し>を活用する

<長押し>は、一度記録した大切な情報を、間違えて簡単に変更・削除してしまわないようにするためでもあります。記録したテキストや写真を変更・削除したいときなどは、対象とするテキストや写真を長押しして編集できます。 <長押し>はいろいろなところに隠れていますので、探して、使ってみてくださいね。

< 使い方目次

11 / 11